瀟木子 – Sho Bok Si – exhibition


2022.4.17sun – 24sun
12:00 – 18:00
会期中無休 18時まで
初日作家在廊

at TERCEIRO


https://www.sajiya.jp/shoboksi/

作り手
さかいあつし さんは岡山県瀬戸内市牛窓に工房を構えて匙を彫られています。
匙という形に二つの表現方法を持ち
一つは 匙屋のさかいあつし
もうひとつは 瀟木子(しょうぼうくし)

瀟木子とは
「洒落た木の細工をする者」
作り手のさかいあつしさんは二つの方向から匙に向き合っている。
生活に寄り添う道具として匙を彫る
木に寄り添って匙という形になる
どちらにもその匙という道具を使う日々には穏やかな時間を感じます。
本展では岡山の穏やかさを感じるオリーブの木を使った瀟木子の匙をご紹介いたします。



写真は今回の企画展を予定もしていなかった頃2018年の秋に初めて工房におじゃました時

あの柔らかなひかり
工房の空気
そこで生まれる瀟木子の作品を本展で感じていただけたら幸いです。




Opening Event
さかいあつしさんの作る匙に触れる時間として
料理家の広沢京子さんにご協力いただき
オープニングイベントをご用意しました。

京子さんのアトリエkichiにて開催いたします。
詳細は以下となります。
ご参加希望の方はメールにてお申し込みください。

4/16sat  
季節のスープとパンの会 _ 1800円 
①11:00〜満席
②12:30〜満席

デザート2種とティーセットの会 _ 2100円 
③14:30〜満席
④16:00〜満席
ありがとうございます。
ご予約の皆さま当日お待ちしております。

・ご希望の会名と時間の番号
・お名前
・携帯番号
を明記の上
terceiro.message@gmail.com
までご応募ください。


4/1より受付開始いたします。
両方の会をご参加いただけますが、参加希望者が多数となった場合はいずれか1つでお願いする場合がございますのでご了承ください。
定員になりましたら締め切らせていただきます。






会期中のご来店お待ちしております。

矢野義憲展








今回のテーマも変わらず  今 を形に
矢野さんと展示会に向けて毎回確認する作業の中で話すことは
遠くに進んでいるようでいてずっと変わらないように思います。
表現はその時々にすがたかたちを変えても
その先に見えているのは静かにただそこにある風景
手の中で削り出された木の表面が
波のようにも山の稜線のようにも見えた。

bowl
object
mobile
….

モビールは会期中にオーダーを承ります。
みなさまのご来店を心よりお待ちしてます。


_______________
yoshinori yano exhibition 2020
9/19土 _ 27日 会期中無休
12:00 – 18:00
作家在廊 19.20のみ 12:00 – 20:00
(初日の12:00〜16:00の間のみご予約制となりますので以下詳細にてご確認ください)

_______________

◼︎初日のご予約制につきまして
ゆっくりと作品をご覧いただく為に
初日の以下の時間帯のみご予約制にてのご来店とさせていただきます。
以下のご予約方法の内容ご確認の上、ご予約は8/29 19時よりメールにてお受付開始と致します。
初日16時以降の時間帯と後日はご予約不要となりますのでご自由にゆっくりご来店ください。

19日(土) ①12時〜満席 ②13時〜満席 ③14時〜満席 ④15時〜満席 /16時以降の時間はご予約不要です

ご予約方法


メールにてお受付
宛先:terceiro.message@gmail.com
件名: 矢野義憲展
希望時間帯:第3希望まで
お名前:
ご住所:
携帯番号:当日ご連絡が取れるもの
人数: 1組2名様まで


8/29(土)19時よりお受付開始致します。


◼︎ご来店時につきまして
平常同様のお願いとなります。
感染症対策にて入店時のマスク着用・手指消毒
混雑時は入店をお待ちいただくこともございますのでご理解いただけますようによろしくお願いします。

◼︎その他
状況により販売個数の制限をお願いする場合がございますことをご了承ください。



お願いごとが多くなりましたが
心地よい時間となりますようにと願っています。店主